お肌の保湿について

前回は、お肌にとって、とても大切なビタミンCのお話でしたが、今回はお肌の潤いやハリを保つための秘訣をご紹介していきます

以前、このブログでもご紹介したナノコラーゲン

こちらもお肌の保湿を高め、即効性のある成分でオススメしましたが、今回は<ヒアルロン酸>をご紹介していきます


ヒアルロン酸とコラーゲンはどう違うの?
そんな疑問を自分も抱きながら調べていきました

大きく分けると、個人的には成分の違いと、用途かなと思います


まず、ヒアルロン酸は、主に皮膚、目、脳、関節などに多く含まれています

一方、コラーゲンはタンパク質なので、血管や歯、骨、皮膚などに多く含まれているそうです



これからわかるのは、どちらもお肌にとって、いや人にとって両方大切なことがわかります

では、この二つの効果の違いで見ていくと・・・・・・


ヒアルロン酸は、保水力が非常に高く、1gで6リットルもの水分を保つことができる優れものです
(これには驚き!)

前回もブログに書きましたが、皮膚の真皮層ではコラーゲンやエラスチンとゆう成分で成り立っていますが、ヒアルロン酸はこの二つの成分の隙間を埋めてくれる潤滑剤、と思ってもらえるとわかり易いかもしれません

これでお肌の乾燥を防ぎ潤いを保っているのです


そして、コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ役割をし、弾力を保つ役割をしています

これでヒアルロン酸とコラーゲンの違いがわかってきましたね!

しかしながら、どちらか一方だけではお肌にとって完璧とは言えません

ヒアルロン酸が水分を保ち、コラーゲンを引き締めるためにヒアルロン酸がその役割を担っているのです
ですので、どちらも美肌には不可欠とゆうことです


バランスよくヒアルロン酸、そしてコラーゲンを保つことがキレイを維持する秘訣と言えそうですね


原液シリーズの<ヒアルロン酸>を、直にお肌になじませプルプルなお肌をキープしていきましょう!!


次回は、こちらも保水系、セラミドのお話です












by bouquetblog | 2018-05-16 15:29 | BOUQUET News | Comments(0)

青山・外苑前にある美容室「BOUQUET」のブログです。


by bouquetblog